柑気楼(かんきろう)の成分と効果カテゴリの記事一覧

柑気楼(かんきろう)の成分と効果

柑気楼(かんきろう)の成分と効果
柑気楼(かんきろう)の成分とその効果について説明します。

まず柑気楼の成分について幾つか触れますが、
柑きろうは、ミカンを使った柑橘系育毛剤・養毛剤です。

硬い頭皮は髪が育ちにくく、薄毛や抜け毛につながります。

そこで、

薬用育毛剤『柑気楼』や
『柑気楼 さっぱりタイプ』は
3種の柑きつ成分と3種の生薬由来の有効成分を配合。
頭皮に潤いを与えながら、抜け毛を防いで元気な髪を育てます。


ミカンには、3種類、温州早摘みかん(青みかん)、
そしてだいだいとゆずが使われています。

なぜ青ミカンの成分が良いのかと申しますと、
それは、へスペリジンとリモネンという成分があるためです。

ヘスペリジンは完熟みかんにも含まれていますが、
青みかんに比べるとごくわずかです。

同じ100グラムで比べると青ミカンに含まれている
ヘスペリジンは完熟みかんの10数倍にもなります。


ヘスペリジンはビタミンPとも呼ばれます。

この成分はみかんの皮の部分に多く含まれていて、
頭皮の毛細血管を強化し、毛細血管中に血流改善効果があります。
また、有害な毒素を抑える発ガン性の抑制作用があると言われています。

また、温州産のみかんは、β−クリプトキサンチンという成分が多く含まれ、
これも強い発ガン抑制効果があると言われています。

リモネンの方も、発ガン性抑制などに効果がある事が報告されています。

これらの物質は、頭皮を正常に戻すためには有効な成分であり、副作用が無いために近年注目されています。


柑気楼は、上記のような頭皮に良いとされる成分を多く含み、頭皮の血流効果を改善します。

また、ミカンの成分以外のセンブリやオタネニンジンエキス、
マメ科の植物(グリチルリン酸ジカリウム)が一緒に配合されているので、
髪に発育に必要な栄養素の補充を一緒に行う事ができるので、発毛に効果があると言われているのです。

だから柑気楼(かんきろう)の効果が注目されて人気があるのですね

柑気楼シリーズ一覧ページ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。